行ってきました!

JOINTS!

DSC_0113

今年もこんなフルに手が入ったバイクや車たちが勢ぞろい!

 

興奮しますねー!

DSC_0114よしおが選ぶ今年の一番はこちら!

オーバーフェンダーをトタンを丸めて貼り付けるセンスに脱帽!

タイヤのひっぱり具合もさいこーです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うそです

別会場で行われていた車のイベントのお客様かと思われます

しかし、さすが名古屋!

熱いですねー

 

 

さて

本題のJOINTSですが今回はディスプレイをセンス抜群の大工さん、そして長野が誇る変態トラ乗りのあさの氏にお願いしたこともありとても楽しみで楽しみで、前日はおなじみシャチョーとショベル乗りマサとでほぼ寝ずにキャッキャッと作業してました(ええ・・本当はいつも通り間に合わなくて当日昼まで作業してました いつも手伝ってくれてありがとう!)

DSC_0066

あさの氏がせっせと設置してくれてます

DSC_0082

DSC_0083

どうですか!この出来栄え!

すべてお任せでお願いしましたがやっぱりさすがです!

しかもこのディスプレイ金欠よしおを気遣いお金が掛からないようあるものだけで作ってくれたんです!

打ち合わせ時もディスプレイは飾るものを引き立てるものだから・・・と

プロですね!!

本当にお願いしてよかったです!

DSC_0088

看板も作ってくれました!

錆びた鉄板を一枚一枚ベースに張って、浮き出した当店の屋号・・・さらに看板自体が湾曲するんですよこいつ

ホントさいこーです!

DSC_0084

 

記念にパチッと

DSC_0076

DSC_0077

DSC_0074

そのあさの氏のトラです

外装からエンジンまで私が担当しましたが基本的なセンスはすべてあさの氏の物です

私はそのセンスをできるだけ忠実に再現させていただいたまでです

あさの氏本人にはとてもよろこんでいただきわたくしめもとてもうれしく思ってます

しっかし何かとセンスがいいですね!

このトラも相当かっこいいです!!

 

 

 

さて、他の2台ははっきりいってJOINTSっぽくない2台です

わたくしめが前々から定着させられたらいいなと思う2台です

チョッパーの要素を取り入れながらも本気で走れるカフェレーサー

当店流のネオカフェレーサーです

タンクをチョップしフレームをナロー化させたり見た目のバランスを取りつつニーグリップしやすく荷重移動しやすく

セパハンバックステップですがよくあるソルトレイクでも走りそうなポジションではなく普通に乗りやすく攻めやすくなるポジションです

自分で言うのもなんですがここに物凄い時間と労力、アイデアが詰まっています

DSC_0068

DSC_0078

DSC_0072

詳しくはまたギャラリーに載せますので簡単に説明します

 

ホイールはサンダンススポーツスター用アルミキャストホイールをカラーを製作し装着

ディスクローターはZ用をアウターのみ使用インナーはワンオフ

APキャリパーにワンオフキャリパーサポート

ホイールにはハブダンパーが無いためスプロケットキャリアにダンパーが内蔵されているものを使用

リアサスはクアンタム

フォークはスポーツスターの1200s用のフルアジャスタブルを流用

シートレールは張り出しがきつくデザインもよくないのでナロー化

サスの取り付け部はとりあえず変更なし(動きが悪ければ後々レイダウンも)

シートワンオフ

タンクは純正の良さを伸ばすため幅高さ共にチョップ

電装ボックスステンレスワンオフ

キックオンリーな男のバイクなのでスターター類はすべて取り外し

その為バッテリーも小さく更に軽量なSHORAIバッテリーを搭載したためトータルの軽量化はここだけでもかなりのもの

ここで悩ませられたのがキックとリアマスター

バックステップもツルシの物はすべてものすごくバックするタイプのものしかなくワンオフしてベストなポジションになるような位置にプレートを固定

更にプレートにいくつかタップを立てペダル位置を微調整ができるように マスターは固定なのでプッシュロッドとペダルの位置関係を出すのがとても手間がかかりました

もう一つの問題はキック

ペダルとアームにキックアームが干渉してしまうので跳ね上げにすることにしましたが構造を考えるのも大変でしたしこれももしもの時できるだけ簡単に安価に交換できるような物にするのもとても悩みました

エンジンももちろん手が入っています

810ccボアアップ

ハイカム

ポート研磨

バルブ研磨

摺動部などすべてWPC加工

FCRキャブ

ウオタニコイル イグナイター

チタン手曲げワンオフエキパイ

チタンワンオフメガホン

サイレンサーは逆テーパーにし程よく排圧がかかるようにしています

こんな感じでW650とは思えないほど攻められるバイクに仕上がってます

追々はサーキット走行も楽しむ予定ですのでそちらのインプレもお楽しみに

DSC_0080

DSC_0073

DSC_0081

こちらはGS1200ssがベースです

フロントフォーク、ステム 前後ホイールは国産SS用を流用

フロントマスター、キャリパー、ディスクローターはブレンボレーシング

スイングアームはGSX1400用を流用

リアサスはクアンタム

チタンマフラーはK-ファクトリー製4-2-1の2-1部分を加工して等長に テールパイプもショート&かち上げ加工 メガホン部は汎用品を加工しサイレンサーは逆テーパーにしてあります

タンクはGSX-R1100用を前後長を短縮

スイングアームが長くなってレイダウンしすぎたサス位置変更&補強の為シートレールをループ加工し更に乗車姿勢を乗り手に合わせるためにアルミで作ったシートマウントが付きます

 

外装はワンオフですがまだまだ本決まりではなく仕上がりも悪いので悪しからず

こちらはもうサーキット走行も楽しんでます

結構いい感じですよ

もちろん公道メインです(笑

なんだかんだ長くなってしまいましたがこんな感じのバイクがお好きな方、ご連絡ください!

 

DSC_0086

DSC_0087

話は変わりまして今年も一緒に出展したディッキーズガレージさん

玄人、もしくは変態、更には説明されないとわからないような細かいところまで手が入ってます

2台ともすっごく渋いですがグレーのショベルがよしおの心をガッチリつかんでおります

なので遊びに行くたびちょーだいと言ってます

DSC_0112ディスプレー効果もあり意外と足を止めて観てくださる方が多くほっとしました

 

そんなわけで今回もたくさんの方々に支えられて何とか無事終えることができました。

皆さん本当にありがとうございました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください