KZ1300 ちょいレストア

ちょっとレアな6気筒のあいつです

生産終了パーツてんこ盛りのあいつです

特殊なキャブですね

CV2バレルキャブ3基がけです

見事に腐ってます

 

出来る限りバラシて徹底的に洗浄します

相手は1/100mmの精度です

新品パーツもありません

気を抜けません

連結ロッドもバラします

なんとか組みあがりました

この後フロート調整でドツボにハマりました

何回バラシたことやら

タンクも一度錆取をしたようですが色々問題ありでひどくなっていました

大雑把に錆を落とした後もう一度錆取剤を満たし、3日ほど弱火で煮込むこと2セット

なんとかシーム溶接の隅まできれいになりました

燃料コックもパーツが出ないので修理しました

リアマスターは完全に死亡

もちろん生産終了なのでリザーブタンクの向き、ボア径、全長が合いそうなマスターを他車種から流用してマウントをワンオフし

装着!

さほど違和感なく収まりました

キャリパー類も整備してオイル類も交換してひとまず終了

水周りなどまだまだ心配な個所はありますがとりあえず応急処置で様子見です

乗ってみると同じ6気筒のCBXとは別格のトルクと乗りやすさ!

エンジン音も車のV型エンジンみたいな音でかっこいい!!

今までハーレーで楽しんでいたオーナー様

色々大変な新しい相棒と楽しいバイクライフを末永く歩んでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください