ミッションケース修理

内側までクラックが入っていたミッションケースの修理です

再クラックを防ぐため多めに削り取ります

酸化したアルミは溶接できませんので肉盛りする場所もさらいます

そしてしつこく洗います

鋳物は巣に不純物が含まれている為です

過熱も程々に繰り返します

下準備がとても大切で一番時間のかかるところです

溶接後、ビードを削り落とし仕上げます

よく適当に修理され、また漏れてきている車両を見受けますが

再修理不可になっていたり結局高額な修理代が掛かってしまいます

手に入れることが困難なパーツほどお金が掛かっても一度でしっかり直されることをお勧めします

(物、場所によって修理困難な場合もありますので一度ご相談ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください