ラバーマウントスポーツスターカスタム

新規のお客様でベース車は06 XL883Rです

当店でハーレーと言えば圧倒的にスポーツスターが多いのですが

ラバーマウントスポーツのコンプリートカスタムは初です

ラバーマウントになってから15年もたつのに何で?

と思うところだと思いますが

ベース車から探してのカスタムだとどうしてもナローなフレームの03以前を選んでしまうんですよね

後は車両持ち込みのカスタムで04以降の車両の方はライトカスタムな方が圧倒的に多いです

で、04以降はシートフレームが広いんでどうまとめるか悩みましたが

オーナーのH君とじっくり話し合い(ほぼくだらない話)

各パーツを加工していきます

タンクはツルシのエッグタンク

トンネル部、タンクキャップの受け、コックの受けをそれぞれ外し

こんなのを板金して製作し

ピッタリになるようすり合わせ溶接

できるだけパテは少なくなるよう心がけます

コックの受けも同じように

キャップの受けは漏れの少ないスクリュータイプに変更

スクリュータイプはタンクの面に受けを付けてしまうとキャップが浮いてしまうので出来るだけ下げて溶接します

このひと手間で仕上がりが変わってきますので(ほとんどの方が気付きませんが)

 

リアフェンダーは当初の希望ではサイクルフェンダーやリブフェンダーを短めに取り付けたいとの希望でしたが、サスはしっかり動かしたいそうなので総合的な判断で、当店10年来のお付き合いのフェンダーをストラットを加工して取り付けることにしました

ストラットは純正のように加工してみました

シートはワンオフ

加速時ケツのずれない形状に

あまりフレームにきっちり合わせて作っても野暮ったくて気持ち悪いしかっこよくないのでほどほどに無視してスッキリ製作します

で、こんな感じ

ストラットも純正っぽいかな?

ペイントも結構悩みましたがとってもかっこよくなりました

スクリューキャップなのに浮きが少ないのわかります?

こんな感じでうまくまとまったと思います!

H君、ご依頼ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください